vol.38 2018年11月

国際社会学科 2年 今村 晶花

私は、2018年9月の4週間、カナダにあるビクトリア大学のMonthly English Programに参加しました。その体験を記します。
 まず気候についてです。私たちは事前に「半袖にカーディガンを羽織るくらいの暖かさ」だと聞いていましたが、実際は、日本の11月後半くらいの寒さでした。何人かの友人はアウターを買い足していましたし、持ってきておいた半袖は最初の週の1、2回しか着ませんでした。外に出たくないほど寒いわけではなく、日中の日向は暖かく、暑いのが苦手な私には過ごしやすい気候でした。1か月間で気温がかなり変わるので、対応できる服を持っていくことをお勧めします。
 次に学校生活についてです。私たちは初日にテストを受けました。ライティングとスピーキングのテストで、主にスピーキングを重視した結果によって、クラス分けがされます。翌日の朝までにクラスがわかり、授業が始まります。午前は9時から11時30分まで、1時間の昼休憩後、12時30分から15時まで授業があります。私のクラスでは、午前の授業で文法や教科書を使ったリーディングを主に行い、午後はディスカッションのスピーキング重視の授業でした。午前の授業では、ほとんど毎日宿題がありましたが、文法のプリント2枚程度で、すごく負担になるようなことはありませんでした。午後の授業は、週に1回程、テーマに沿った記事を探し、それについてのプリントを埋めてくる課題がありました。最後の週には、グループでパワーポイントを作り発表する課題がありました。この課題の時に少しだけ持参のパソコンを使いましたが、それ以外のときは学校の図書館のパソコンを使っていました。私は上から2つ目のクラスで、7か国(日本、中国、タイ、ベトナム、ぺルー、ブラジル、コロンビア)の生徒がいました。年齢もバラバラで、20代後半の大学院生や、社会人、自分たちの親世代くらいの人もいました。それぞれが、それぞれの目的をもって集まってきているので、一緒に話すととても刺激を受けるし、全員英語学習者なので、私がスラスラと話せない時も急かさず待ってくれて、わからないときにすぐわからないと言える雰囲気があり、とても心地よかったです。
 15時に学校が終わった後は、友達とダウンタウンに行ったりしました。学校からバスですぐに行くことができるし、1か月分のバスカードを買っていたので、かなり頻繁に行っていました。服やお菓子など、いろんなお店があり、とても楽しいので、ぜひ研修中行ってみてください。現地の人と会話ができるので、英語の学習にもいいと思います。
 金曜日は授業がなく、現地の大学生が企画してくれたイベントに参加しています。土曜と日曜には、オプショナルのアクティビティもありました。追加でお金がかかりますが、いろいろなところに連れて行ってもらえるし、ビクトリア大学の学生とも話すことができるので、参加することをお勧めします。
 次に、私のホストファミリーについて話します。私のホストファミリーは、女性が1人で、私を含め2人の学生がステイしていました。行きのフライトがかなり遅れてしまったのですが、初日は空港まで迎えに来てくれました。ホームステイのルールはいくつかありますが、私のところは家族ではなかったこともあり、比較的自由だったと思います。私は洗濯した時用にハンガーを多めに持って行ったのですが、おうちに今までの生徒が置いていったものがたくさんあったので必要なかったです。また乾燥機でだいたい乾いてしまうので、そもそも干すことがなかったです。このようにおうちに生活雑貨がすでにあるかもしれないので、そのほかのことに関しても、事前にホストファミリーにメールでなんでも確認しておくといいと思います。とても優しい人たちばかりなので、遠慮せず聞いていいと思います。
 これまで、これからビクトリア大学に留学する人を想定して、具体的なことを書いてきました。でも一番伝えたいことは、とにかく楽しかったということです。カナダに留学した多くの人たちがいうように、カナダの人たちは本当に優しく、外国人のつたない英語も気にせず会話してくれます。また「英語能力の向上」という同じ目的をもつ、様々な背景をもつ仲間ができます。目一杯留学を楽しむために、私から送りたいアドバイスは、留学する前にできるだけ英語を頑張っておこう!です。語学研修はわずか1か月しかありません。そこで英語力をつけようとするよりも、日本でたくさん頑張っておいて、それを試す場としたほうが有意義だと思います。行く前には不安になることも多いと思いますが、絶対に楽しい1か月になるので、積極的に頑張ってください!

クラスメイトと午前中の先生と、最後の授業の写真です。

ダウンタウンの近くにあるパーラメントビルディング。無料で中を見学できます。


友だちとダイナーでティーボーンステーキを食べました。美味しかったです。

最後のパーティで、午後の先生と。