新着ニュース – 長崎県立大学 http://sun.ac.jp 長崎県立大学は、選ばれる大学、地域社会に貢献できる大学として「個性が輝く大学」を目指します。 Mon, 10 Dec 2018 05:33:42 +0000 ja hourly 1 https://wordpress.org/?v=4.5.3 私の友人 その6 http://sun.ac.jp/news/update_site/column/76337/ Mon, 10 Dec 2018 01:00:00 +0000 http://sun.ac.jp/?p=76337 2018.12.10

 その6は再びアメリカ大陸へ。これにちなんで、ヨーロッパからアメリカへ移動した友人のことを紹介したい。二国をまたいで移動する人は珍しくはない。特にカナダとアメリカは、国境はあって無きが如し、の感がある。
 一人目は大陸間移動のAndrious Bomarius、通称Andy。彼と知り合ったのは先に紹介した(2018.09.10)Gordon Conferenceでのこと。当時彼は西ドイツの御三家と言われる大きな化学会社の1つに勤務していた。それが縁あってか、アメリカGeorgia 工科大学(Georgia Tech)に移動した。「風と共に去りぬ」で有名な、またコカ・コーラの本社があるアトランタにある。彼は非常に気さくな感じで、特に親しくした。私が3月に慶應を定年になった2008年に、Gordon Conferenceで講演する機会を頂き、その帰りに彼のラボに寄った。その時、私の研究室にいたドクターコースの学生が彼の研究室に世話になっていたことも訪問した理由の一つである。例によって、払わない・貰わない気楽な交流である。Andyは「お前のところから来ている学生は、俺の言うことホントに分かっているのかな?」と相当心配そうであった。学生に訊くと「大丈夫です、全部分かっています」とアッケラカンとしていたが、チョット怪しい。
 Andyのオフィスは今まで私が見たどのオフィスより、床が散らかっていた。イヤイヤ、散らかっていたという生易しい表現は不適当で床一面書類がある。「Please come in」と言われても、最初の一歩をどこに置けば良いか慎重に床を観察しなければならない、とまあそんな感じである。彼と同じ歩幅で歩くことも要求されると言って大袈裟でない。これは単に散らかっているのではなく、彼にはどこに何があるか分かっている「超整理法」とでも考えないと納得ができない。
 ヨーロッパからアメリカへの2人目はThomas Hudlicky、通称Tom。チェコ系アメリカ人で、彼自身が移住したか、親かその前の世代が移住したかは知らない。知り合った頃はタバコの葉の産地として有名なVirginiaにあるVirginia工科大学の教授であった。彼自身もスモーカーであったが、禁煙志向の特に強いアメリカで、「Smoke the Finest」と書いたTシャツを着て学会に参加していた。
 彼がGordon Conferenceのオーガナイザーをやったことがある。会議は滞りなく終わったのだが、最後が圧巻であった。この会議は金曜の朝解散であるが、木曜日の最後の講演が終わってから(夜9時か10時頃、通常はビールの時間になる)、彼がスライドショーをやった。実によく旅行をしている。彼がこれまで旅行した時に撮った写真を、彼自身のジャズバンドの音楽をバックに次々見せてくれた。世の中には色々な才能をもった奴がいるものだとつくづく思った。
 Tomは後にカナダに移った。カナダ化学会でシンポジウムを企画するから、話してくれと、頼まれたことがあった。場所はWinnipegという東西で言えば真ん中あたりの街。日本からはバンクーバーで国内線に乗り換えて行く。多くの場合、「この国に来た目的は?」と入国審査の際に訊かれたら「Sightseeing観光です」と答えるのが無難である。「講演をするため」等と言って、仕事探しが目的かと誤解されるとゴチャゴチャ説明が必要となる。バンクーバーのときも、観光目的ですと答えたら、「お前はホントにウィニペグに観光に行くのか?」と訊き返された。ウィニペグとはそんな所なのである。しかし、ここでひるんではならじと、「YES」と胸を張ったら、怪訝そうな表情ではあったが、通してもらえた。

 

]]>
平成30年度第2回東アジア研究セミナーの開催について(ご案内) http://sun.ac.jp/news/press_release/76353/ Fri, 07 Dec 2018 01:00:00 +0000 http://sun.ac.jp/?p=76353 平成30年度第2回東アジア研究セミナーを開催します(12月18日) http://sun.ac.jp/news/asia/76325/ Thu, 06 Dec 2018 10:20:00 +0000 http://sun.ac.jp/?p=76325 NHK大学セミナー「明日につなげよう 未来塾『震災からどう生きるか』」を開催しました http://sun.ac.jp/news/announcement/76342/ Wed, 05 Dec 2018 07:50:00 +0000 http://sun.ac.jp/?p=76342  平成30年11月30日(金)本学シーボルト校において、NHK大学セミナーを開催しました。講師として、元石巻日日新聞の武内宏之さんをお迎えし、「明日につなげよう 未来塾『震災からどう生きるか』」をテーマにご講演いただきました。
 講演会には、本学学生・教職員など約130名が参加し、熱心に耳を傾けていました。

武内宏之さん

講演の様子

 武内さんをはじめ、石巻日日新聞の記者の方々は、平成23年3月11日に起こった東日本大震災で、甚大な被害に見舞われながらも、次の日から手書きの壁新聞を作り、新聞を印刷する輪転機が復活するまで、被災者の為に避難所などへ掲示して回ったと言います。
 『最初に浮かんだ言葉は「(自然災害について)ここまでやるかよ」でした。次に出てきた言葉は「ここまでやられたら、やるしかない」でした。そうでもしないと自分の心が潰れてしまう。自分を鼓舞するための言葉でした。』と話される武内さんは、写真を見せながら当時の壮絶な体験をお話くださいました。
 受講した学生からは「この震災は過去のことではなく、今もなお苦しんでいる方々がいるということを知った。」「正しい情報を選び、伝えていくことの大切さがわかりました」などの感想がありました。

]]>
五島日本語学校の運営に係る連携協定を締結しました http://sun.ac.jp/news/announcement/76328/ Wed, 05 Dec 2018 07:20:00 +0000 http://sun.ac.jp/?p=76328  2018年11月27日(火)、長崎県庁において学校法人九州総合学院、五島市、長崎県五島振興局及び長崎県公立大学法人の4者における連携協定を締結いたしました。
 この協定は、2020年4月に五島市に開校する「五島日本語学校」の永続的に安定した運営を図ることを目的に締結されました。本法人は、学校を運営する学校法人九州総合学院の安定した学生確保、五島市及び長崎県五島振興局は、アルバイト先の確保、教職員等の確保について、それぞれ支援・協力することとしております。
(協定式出席者)
 学校法人九州総合学院 理事長 川越 宏樹
 五島市        市長  野口 市太郎
 長崎県五島振興局   局長  前川 謙介
 長崎県公立大学法人  理事長 稲永 忍

協定書に押印する川越理事長

所属長による記念撮影

 締結式では、協定書への押印の後、各所属長による挨拶がありました。稲永理事長は「包括連携協定を締結しているベトナム・ダナン市の協力を得ながら、優秀な学生が五島日本語学校に入学するよう努力したい」と述べました。

挨拶をする稲永理事長

関係者による記念撮影

]]>
「開館時間カレンダー12~3月」を掲載しました http://sun.ac.jp/news/lib_sasebo/76024/ Mon, 03 Dec 2018 00:10:00 +0000 http://sun.ac.jp/?p=76024 「新刊のご案内 12月」を更新しました http://sun.ac.jp/news/lib_sasebo/76033/ Mon, 03 Dec 2018 00:09:59 +0000 http://sun.ac.jp/?p=76033 「開館時間カレンダー12月~3月」を更新しました http://sun.ac.jp/news/lib_siebold/75920/ Mon, 03 Dec 2018 00:00:00 +0000 http://sun.ac.jp/?p=75920 佐世保校附属図書館から「図書館だより」No.30(2018.11)が発行されました http://sun.ac.jp/news/announcement/76229/ Fri, 30 Nov 2018 09:00:00 +0000 http://sun.ac.jp/?p=76229 平成31年度特別選抜(推薦入試・帰国子女・社会人)合格発表 http://sun.ac.jp/news/announcement/entrance/entrance_exam/goukaku_both/76113/ Fri, 30 Nov 2018 01:00:00 +0000 http://sun.ac.jp/?p=76113