「しまなび」プログラム 第12回講義・中間発表Ⅱを実施しました

 前回までの講義で、manabie(学習管理システム)で作成した基礎計画書を基に、計画をより具体的なものにするため、フィールドワークの目的や手段などについての議論を深め、各グループがフィールドワークの対象者や実施場所、行程等を記載する実施計画書を作成しました。
 今回は、中間発表Ⅰと同様に、実施計画の内容について、パワーポイント等を使用し、各グループでプレゼンテーションを行いました。
 他のグループからの意見や質問が出て活発な発表会となりました。
 

   【シーボルト校の様子】

グループ討議①

   

グループ討議②

発表風景①

発表風景②

 

   【佐世保校の様子】

グループ討議

 

発表風景

質疑応答

教員からの指摘

 今後は、フィールドワークにおける協力者やしまの関係者とも調整のうえ、残り3回の講義で詳細な行動スケジュールを記載する最終計画書を作成します。

 いよいよ8月から9月にかけて各グループが「しま」に渡り、4泊5日の「しまのフィールドワーク」を行います。「しま」における貴重な体験を通して、課題発見力、分析力、協調性、社会人としての自覚などを養います。