緊急事態宣言の延長に伴う大学の対応について

令和2年5月6日

 学生各位
 (学部生、大学院生)

長崎県立大学     
学長  木村 務  

緊急事態宣言の延長に伴う大学の対応について

 5月4日(月)に政府が発表した新型コロナウイルス特別措置法に基づく全国への緊急事態宣言を5月31日(日)まで延長することを受けて、昨日(5月5日)、長崎県知事が対応方針を示されました。この方針を踏まえ、5月7日(木)からの遠隔授業開始にあたり、以下に留意し対応してください。

  1.  5月7日(木)から5月31日(日)までの間、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、以下の場合を除き、大学への立ち入りを制限します。やむを得ない場合は許可制によることとしますので、該当する場合は学生支援課へ相談してください。
    • 遠隔授業の受信環境が整わない学生が学内施設を利用する場合
    • 教科書購入のためやむを得ず大学生協を利用する場合
    • 奨学金・授業料減免の手続きのためやむを得ず立ち入る場合
    • 就職や学生生活等にかかる面談等のためやむを得ず立ち入る場合
    • 研究・実験のための機器等のメンテナンス、生物の世話等のため一時的に立ち入る場合
     また、学内外でのサークル活動やボランティア活動を全面的に禁止します。
  2.  授業開始以降においても自宅にとどまることとし、県境を超える帰省や旅行、離島地域への訪問を控えてください。また、学生間のコンパやイベントへの参加、密閉空間が予想される繁華街等での飲食など、人が集まる場所への立ち入りを自粛してください。
     常にマスクを着用し、手指消毒、手洗いを徹底するとともに、万が一の感染に備えて、毎日検温し、健康状態を記録してください。また、自己の行動履歴を記録しておいてください。
  3.  新型コロナウイルス感染症の影響により学費などの支援が必要となった学生の皆さんには、以下の3点についてお知らせします。支援を希望される方は学生支援課へ相談してください。
    令和2年4月からスタートした政府の高等教育修学支援新制度へ、家計急変の場合の特例として、随時申し込むことができます。
    日本学生支援機構が行っている貸与型奨学金も家計急変後の年間所得見込み額で基準を満たせば、随時採用されます。
    授業料の納付に関して、お困りがある場合にはご相談ください。
  4.  学内における感染拡大防止のため、引き続き13の特定警戒都道府県(福岡、東京、大阪、北海道、茨城、埼玉、千葉、神奈川、石川、岐阜、愛知、京都、兵庫)から戻ってきた場合は、県内に戻った日の翌日から14日間は自宅待機となります。
     該当する学生は、県内に戻った日に必ず保健室へ連絡してください。
  5.  学習や健康面などの不安については、教養セミナーやゼミ担当の先生または以下の事務局に相談してください。

    【授業等に関すること】
    • 佐世保校学生支援課教務グループ   TEL 0956-47-5706 E-mail 
    • シーボルト校学生支援課教務グループ TEL 095-813-5065 E-mail 

    【健康等に関すること】
    • 佐世保校保健室   TEL 0956-47-2242 E-mail 
    • シーボルト校保健室 TEL 095-813-5737 E-mail 

    【奨学金・授業料減免等に関すること】
    • 佐世保校学生支援課学生グループ   TEL 0956-47-5703 E-mail 
    • シーボルト校学生支援課学生グループ TEL 095-813-5065 E-mail 

    【就職に関すること】
    • 佐世保校就職課   TEL 0956-42-3010 E-mail 
    • シーボルト校就職課 TEL 095-813-5050 E-mail 

    【教科書購入に関すること】
    • 佐世保校 学生生協   TEL 0956-48-3732
    • シーボルト校 学生生協 TEL 095-887-5552