令和元年度後期交換留学生壮行式を行いました

 令和2年2月4日、交換留学生として中国華僑大学へ留学する2名の日本人学生の壮行式を佐世保校で開式しました。
 木村学長による激励の言葉をいただいた後、派遣留学生へ留学許可証が授与されました。その後、派遣留学生からは留学に対する決意表明がありました。

 あいにく、中国における新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、留学先の授業開始が延期されました。派遣留学生らは「これも留学経験の一環であり、延期になっても、留学先で学ぶことは変わらない」、「微力ではあるが、日中交流の架け橋になりたい」と抱負を語りました。

 長崎県立大学で学んだことを糧に、これから新たに始まる留学生活が更に充実したものになることを願っています。