公開講座(経営学科)を開催しました

 12月14日(土)、本学佐世保校にて、シーボルト校を遠隔講義システムで結び、公開講座を開催しました。この講義は、地域の皆さまに学習の機会を提供し、生涯学習の振興に貢献することを目的としています。
 今回は、経営学部経営学科の大田 謙一郎准教授が「マーケティングと広告について」と題して、経営学部経営学科の板垣 太郎講師が「続・私たちのくらしと改正民法」と題し講座を行いました。

【写真】大田 謙一郎准教授
大田 謙一郎准教授

【写真】板垣 太郎講師
板垣 太郎講師

 前半の大田先生の講座では、マーケティングと広告について、「定義と変遷」「広告販促および広報」「インターネットの位置づけ」から説明いたしました。総括にてマーケティングの定義や考え方は時代と共に変わると述べられました。
 後半の板垣先生の講座では、昨年に続き同テーマにて続編を行うとの説明があり、昨年度のおさらいの後に「改正民法」と「商法」の関係について事例を基に説明されました。最後に「定型約款」および「定型取引」の定義について説明がありました。

【写真】主会場(佐世保校)の様子
主会場(佐世保校)の様子

【写真】遠隔会場(シーボルト校)の様子
遠隔会場(シーボルト校)の様子

 今回の講座にて、本年度の公開講座を終了いたします。皆さまのご来場に感謝を申し上げます。来年度も長崎県立大学の公開講座をどうぞよろしくお願いいたします。