学術講演会(国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 本部 企画戦略本部 研究管理役 山本(前田)万里氏)を開催しました

 令和元年9月28日(土)、国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 本部 企画戦略本部 研究管理役である山本(前田)万里氏を本学シーボルト校にお招きし、「機能性表示農林水産物開発のすすめ」と題した講演会を開催しました。本講演会は、佐世保校及び新上五島町にも遠隔講義システムで配信し、地域の方々や学生、教職員など約50名が聴講しました。

【写真】山本(前田) 万里 氏
山本(前田) 万里 氏

【写真】講演の様子
講演の様子

 講演では、世界でも珍しいとされる食品表示(機能性表示制度)が導入された背景や制度の特徴について、解説をされました。その後、各地区で実際に販売されている多くの食品の事例について、生産者の工夫等を交えながら、ご紹介いただきました。最後に、Society5.0において、食と暮らし改善プログラムの創出が図られることを述べられました。

【写真】主会場(シーボルト校)の様子
主会場(シーボルト校)の様子

【写真】遠隔会場(佐世保校)の様子
遠隔会場(佐世保校)の様子

 次回の講演会は、11月30日(土)13時30分から佐世保校を主会場、シーボルト校を遠隔会場として開催いたします。また、10月5日(土)には本学教員による公開講座を開催いたします。皆さまのご来場をお待ちしています。

<次回学術講演会>
11月30日(土)13:30~15:00
「21世紀の世界はどうなるか―アダム・スミスから考える」
田中 秀夫 氏 (愛知学院大学客員教授・京都大学名誉教授)

<次回公開講座>
10月5日(土)13:30~14:30/14:40~15:40
「初等教育におけるプログラミング教育への期待」
 山口 文彦(情報システム学部情報セキュリティ学科 教授)
「情報化社会を支える広義の情報理論」
 吉田 雅一(情報システム学部情報セキュリティ学科 講師)