長与第二中学校との文化交流会を開催しました

 平成30年7月2日(月)、シーボルト校にて長与第二中学校の3年生20名と、留学生との文化交流会を行いました。この交流会は、国際交流に興味のある生徒が、留学生の出身国の伝統文化、芸能について話を聞き、それを基に更に調べ、各グループでまとめた事を学校祭で発表するという目的で実施されました。
 当日は、アメリカ、ベトナム、中国、タイの4名の留学生が資料を使いながら自国の伝統文化や日本との違いについて話をしました。生徒達は真剣に聞き入り、驚きの声や笑い声、「ここ行ったことある!」という声があがりました。
 次に、長与町の伝統芸能「吉無田獅子舞」について、昨年生徒達が演じた時のDVDを鑑賞し、長与の伝統文化を留学生に教えてくれました。
 その後のグループワークでは、生徒たちは留学生に更に詳しい話を聞こうと積極的に質問をしていました。英語で質問や会話している生徒達もおり、伝統文化を知るということだけでなく、英語を使って外国人と交流する良い機会になったと思います。
 最後は、生徒代表の挨拶後、生徒全員での「Thank you very much!」の言葉に、留学生も満面の笑みでした。留学生達にとっても良い交流の場になったようで、「とても楽しかった」「またこういう機会があれば是非参加したい」との意見がありました。

 今後も様々な機会を通し、地域の人と留学生達の交流の輪がさらに広がっていくことを期待しています。