2013年長崎県立大学上海校友会総会と福建校友会総会を開催しました

 2013年3月8日(金)、中国上海市にて2013年長崎県立大学上海校友会総会、3月10日(月)に福建省泉州市にて2013年長崎県立大学福建校友会総会を開催しました。

 上海校友会総会において、上海校友会員16名、本学から上海外国語大学に派遣した交換留学生5名、上海外国語大学関係者を含む来賓6名が出席しました。一方、福建校友会総会においては、福建校友会員12名、本学から華僑大学に派遣した交換留学生1名、華僑大学関係者を含む来賓4名が出席しました。

 両会場の懇親会において、校友会員同士が旧交を温め、新睦を深めたほか、来賓との意見交換が行なわれました。また、統合後の大学の紹介、留学生活動状況の報告や本学教職員によるビデオレターの放映を通して、出席者間の交流が一層深まりました。さらに、両会場とも懇親会の後に、会員総会が開かれ、両校友会長から、本学と連携し会員向けの「ニューズレター」配信、会員による母校(本学)訪問の企画など、両校友会の今後の活動方針に関する提案があり了承されました。

 長崎県立大学上海校友会と福建校友会は、会員相互の新睦を図り、中国と日本の相互友好及び友好促進、並びに本学の発展に寄与することを目的として、それぞれ2011年11月に発足し、上海市や福建省及びその周辺の地域に在住する本学の卒業生、修了生及び留学経験者などを会員として、現在両校友会合わせて60名以上の方が会員として登録しています。

2013年長崎県立大学上海校友会総会と福建校友会総会 2013年長崎県立大学上海校友会総会と福建校友会総会
上海校友会総会 福建校友会総会