平成24年度 卒業証書・学位記授与式を行ないました

 平成25年3月19日、長崎ブリックホールで「平成24年度長崎県立大学卒業証書・学位記授与式」を行いました。学士号が652名に、修士号が25名にそれぞれ授与されました。また、卒業生に対する表彰も行われ、成績優秀者12名が学長賞を授与されました。

平成24年度 卒業証書・学位記授与式の写真1
 式では、太田博道学長が新しい一歩を踏み出す卒業生を前に「夢を追う気力を持ち続け、輝く努力を続けてほしい。皆さんをとりまく現状は、バブル経済の崩壊以降の失われた時間ではなく、むしろ新しい時間が刻まれ始めたと考えるべきである。人類は様々な困難に遭遇するであろうが、皆さんはその課題を解決しつつ、新しい世界を創っていく輝かしい世代である。逞しさとしなやかさを身につけていただきたい。」と訓辞を述べました。
平成24年度 卒業証書・学位記授与式の写真2

 謝辞では、卒業生代表が、大学生活の思い出を振り返るととともに「困難に直面するときは、大学の四年間で得たことを糧として乗り越えていきたい」と語り、大学院修了生代表からは「研究で得た知識や技術を社会で積極的に生かすことが、大学への恩返しである」との想いが述べられました。

平成24年度 卒業証書・学位記授与式の写真3

 卒業生の皆さんは卒業を実感するとともに、新たな船出を前に希望に満ちた表情で、証書や学位記を手にしていました。
 式終了後は記念写真の撮影や後輩たちによる胴上げ等が行われ、別れを惜しみながらも晴れの門出を祝っていました。

平成24年度 卒業証書・学位記授与式の写真4

 卒業生の皆さんのご活躍を心よりお祈りいたします。