国際経営学科「リュウリュウガールズ」が中国総領事館を訪問しました

 本学国際経営学科の女子学生6名で結成された「リュウリュウガールズ」が、中華人民共和国駐長崎総領事館を訪問し、中国・吉林省春市で行なった吉林大学日本語学科学生らとの交流イベントについて、劉 亜明 総領事へ活動報告を行いました。
 この活動は、独立行政法人国際交流基金日中交流センターが取り組む大学生交流事業の一環として、全国の大学生など約20チームの中から本学を含む4チームが選ばれ、同センターの支援により実施されたものです。6名は、実際に企画・実施した交流イベントの様子や、現地の学生との交流をとおして感じたことなどをそれぞれ報告しました。
 総領事からは、「メディアの情報だけでなく、他国の文化に直接触れ、肌で感じることはとても大切なこと。お互いの基礎を知ることが、両国の友好にもつながる。皆さんのような若い世代の力でこれからも交流の輪を広げてほしい」とのお言葉をいただきました。

劉 亜明 総領事と記念撮影