公開講座(国際経営学科)を開催しました

 4月29日(土)、本学佐世保校・シーボルト校を遠隔講義システムで結び、公開講座を開催しました。この講座は、地域の皆さまに学習の機会を提供し、生涯教育の振興に貢献することを目的としています。
 今回の講座は、本学経営学部国際経営学科 江崎 康弘教授が「ASEAN3か国の市場の現在(いま)を読み解く~ベトナム、タイ、インドネシアの日系企業幹部のインタビュー調査を通して~」と題して、齋藤 毅准教授が「グローバル化の中の人材育成」と題し講座を行いました。

江崎 康弘 教授

齋藤 毅 准教授

 江崎先生の講座では、ASEAN3か国の経済状況や文化等について、日本との比較も交えながら詳しく説明されました。
 また、齋藤先生は、実際にグローバル人材育成に取り組む企業の具体的な事例を挙げながら、人材育成の実情や課題などを解説されました。

主会場(佐世保校)の様子

遠隔会場(シーボルト校)の様子

 次回の講座は、5月13日(土)13時30分からシーボルト校を主会場、佐世保校を遠隔会場として開催いたします。皆さまのご来場をお待ちしています。

<次回講座>
 5月13日(土)13:30~14:30/14:40~15:40
 「農業を変える情報通信技術」
  有田 大作(本学情報システム学部情報システム学科 教授)
 「最先端IT技術が開く新しい文化の扉~エジプトのピラミッドから長崎の教会群まで~」
  金谷 一朗(本学情報システム学部情報システム学科 教授)