本学学生23名が長崎平和大学へ参加しました

 平成28年11月5日(土)長崎大学及び長崎市内において、長崎平和大学※(長崎県民と長崎地域の新入留学生、日本人学生に対する平和学習及びバスハイク)が開催されました。長崎県内の各大学から約300名の学生が参加。本学からも23名の学生が参加しました。

講話会場の様子

水辺の森公園でのランチ

 午前中は被爆体験講話として、6歳の時に被爆された原田美智子さんから話をお聞きました。午後からは、平和公園、原爆落下中心地、原爆資料館、長崎歴史文化博物館を見学し、平和案内人からの説明に耳を傾けました。

平和案内人による案内の様子

 今回のバスハイクは、異国から長崎の地への留学生してきた学生にとって、とても貴重な経験となりました。本学では、今後も留学生及び地域との交流を推進していきます。

※県内在住の外国人留学生か日本人学生を主な対象に、被爆の惨状や平和の尊さについて、理解を深めていただくことを目的として実施。主催は長崎県、長崎市、長崎留学生支援センター。