第5回サイバーセキュリティ研究会を開催しました

 平成28年6月4日(土)16時より、シーボルト校本部棟の特別会議室にて「第5回サイバーセキュリティ研究会」を開催しました。
 この研究会は、県内大学や情報関連産業を中心として平成26年11月に設立されたもので、本学内に事務局を設置し、これまで情報セキュリティに関する国や県の施策に関する情報共有やセミナーの実施等を行ってきました。
 今回は、文部科学・内閣府副大臣の冨岡勉氏、文部科学省高等教育局専門教育課長の北山浩士氏等から、以下についてそれぞれ説明・報告を行いました。(参加者47名)
 サイバーセキュリティ研究会では、今後も研究会の開催や情報セキュリティに関するセミナーの実施等により、県内関係機関の連携や意識の高揚を図っていきます。

 

    〔第5回サイバーセキュリティ研究会議題〕

  1. 第4次産業革命の対応を急げ!-サイバーセキュリティを中心として-
    (文部科学・内閣府副大臣 冨岡 勉 氏)
  2. セキュリティ人材の育成と文部科学省の取組
    (文部科学省高等教育局専門教育課長 北山 浩士 氏)
  3. 情報セキュリティ人材育成事業
    (佐世保工業高等専門学校情報処理副センター長 中村 嘉男 氏)
  4. 長崎県のセキュリティ施策の方向性について
    (長崎県情報政策課長 大庭 茂雄 氏)
  5. 平成28年度第1回情報セキュリティ・セミナーの開催について
  6.  日時: 平成28年7月23日(土)14:00~16:30
     会場: 長崎県立大学シーボルト校 中央棟 M103講義室
     講演: テーマ「マイナンバーとセキュリティ」
      ①「マイナンバー制度について」(五番町法律事務所 弁護士 宮内 宏 氏)
      ②「マイナンバーのセキュリティ」(情報セキュリティ学科 学科長 小松 文子)
     主催: 長崎県立大学、サイバーセキュリティ研究会