長崎県時津警察署・相浦警察署と「安全安心なまちづくりに関する協定」を締結しました

 平成28年3月11日(金)、本学佐世保校において長崎県時津警察署・相浦警察署と本学による「安全安心なまちづくりに関する協定」締結式を行いました。この協定は、時津警察署・相浦警察署と本学が相互に協力して、学生に係る犯罪被害、薬物乱用、暴力被害、交通事故等を防止し、大学周辺の地域住民や行政等の関係機関と連携した防犯活動及び交通安全を推進することにより、地域社会と一体となった安全安心なまちづくりに寄与することを目的としています。

原口署長(左)、太田学長(中)、城下署長(右)

記念撮影

 締結式では、時津警察署の原口泰英署長と相浦警察署の城下茂署長、本学太田学長が協定書に調印を行いました。その後の挨拶で原口署長は、「今回の協定で、新たな防犯ネットワークの構築ができた。地域社会と一体となった安全安心なまちづくりを進めていく」と今後の意気込みを述べられました。

調印の様子

会場の様子

 また、太田学長は「学生と地域の方々との接触は重要であり、学生がボランティアとして地域を巡回することも考えられる。学生には学外活動への積極的な参加を促したい」と地域貢献に対する抱負を述べました。

 
具体的な連携内容は以下のとおりです。
(1)学生の規範意識等の醸成のための教育
(2)犯罪被害防止等に関する情報の共有
(3)関係機関等との連携による各種防犯活動の推進
(4)大学敷地内及び大学周辺の防犯環境の整備