地域創造学部開設記念講演会を開催しました

 平成27年10月6日(火)、来年4月の地域創造学部開設を記念して、「今、考える『地方創生』」と題した講演会を開催しました。特別講演として、総務大臣として地方再生に取組み、政策提言機関「日本創成会議」の座長でもある増田寛也氏(野村総合研究所顧問)に「地方創生と大学が果たす役割」をテーマにご講演いただきました。また、本学経済学部 西岡誠治教授が「長崎県における新たな観光創造」をテーマに講演を行いました。
 講演会には、一般・行政関係者・学生・教職員・佐世保地域経済活性化推進協議会の方々など約500名が参加し、熱心に耳を傾けていました。

増田 寛也氏

講演の様子

 講演では、増田氏の岩手県知事としての体験や「日本創成会議」での知見が多く語られ、長崎県の現状をわかりやすくデータで示しながら熱い講演を行っていただきました。
 その中で、「地方創生を進めるにあたり、若い人材を地域から出さないように努力すること、出ていった人材を地域に引き戻すこと、地域外の人をひきつける魅力を創造することが求められる」と述べられました。
 講演終了後、質疑応答の時間を設けて頂き、会場からの質問に対して、当初の予定時間をオーバーしながらも、ひとつひとつ丁寧に回答していただきました。

西岡 誠治教授

会場の様子

 西岡教授の講演では、観光産業の現状・長崎県観光の特徴を取り上げ、関連する本学の取組みを丁寧に説明されました。
 本学では、来年4月 公共政策学科実践経済学科 からなる地域創造学部を開設し、地域の即戦力となる人材の育成を進めていきます。