公開講座(流通・経営学科)を開催しました

 7月11日(土)、本学佐世保校・シーボルト校・新上五島町鯨賓館を遠隔講義システムで結び、公開講座を開催しました。
 今回の講座は、本学経済学部流通・経営学科 谷澤 毅教授が「軍港都市から見たドイツと日本の近代~キールと佐世保を題材として~」、齋藤 光正准教授が「新時代の小売経営とマーケティング・テクノロジー」と題し、講座を行いました。

谷澤 毅 教授

齋藤 光正 准教授

 谷澤先生の講座では、佐世保とキール(ドイツ)の軍港都市としての共通点や歴史を説明しました。そのうえで、軍港都市の「マイナスの遺産」を「プラスの遺産」に読み替える新たな視点獲得の必要性に言及されました。
 また、齋藤先生の講座では、現代日本の小売業の特徴を明らかにし、さまざまな事例を取り上げながら新時代の小売経営に必要なマーケティング戦略を考察しました。

主会場(佐世保校)の様子

遠隔会場(シーボルト校)の様子

 本学の前期公開講座は今回で終了です。多くの方々にご聴講頂き、誠にありがとうございました。後期の公開講座は9月に開講します。
 また、長崎県立大学学術講演会を下記の通り開催します。皆様のご来場をお待ちしています。

<次回講座>
 9月5日(土)13:30~15:00
 「緑茶によるがん予防と抗がん効果の亢進」
  藤木 博太 氏(徳島文理大学名誉教授・佐賀大学医学部客員研究員)
 【主 会 場】シーボルト校
 【遠隔会場】佐世保校