「2014年度第2回東アジア研究セミナー」を開催しました

平成27年3月18日(水)、本学シーボルト校で東アジア研究所員 吉澤講師を座長として、「2014年度第2回東アジア研究セミナー」を開催しました。

今回は本学客員研究員の朴銀淑先生による「Quality Assurance of Nursing education in Korea」、同じく本学客員研究員の趙永彬先生による「Primary health Care pediatric Clinic in Korea」と題したセミナーを開催しました。

朴先生からは韓国における看護学教育の現状について、趙先生からは韓国における小児医療についてご講演いただきました。日本語に翻訳されたスライド資料を使いながら、韓国語や英語でご説明いただき、非常に国際感溢れる講演となりました。
 講演終了後には、会場からの質問に対しわかりやすくご説明をいただきました。