本学大学院生が日本人間工学会九州・沖縄支部第35回大会において 最優秀発表賞を受賞しました!

 平成26年10月20日に開催された日本人間工学会九州・沖縄支部第35回大会で、本学の大学院生が最優秀発表賞を受賞しました。
 受賞したのは、国際情報学研究科情報メディア学専攻 2年 川添 洋平さんで、「長崎さるく支援システムにおけるルート検索機能」について発表しました。
 日本人間工学会九州・沖縄支部は、日本人間工学会の7支部のうちの一つで、人間工学に関する調査研究を行うことを目的として、これまで支部大会が年1回のペースで開催されてきました。
 今回の受賞をうけて川添さんは、「大変嬉しく思っています。今後も努力を続けていきたいです。」と話していました。
 今後ますますの活躍を期待しています。

発表の様子