「シーボルト・カフェ-生きるを育む-『卒業生(管理栄養士)による料理教室(第1回)糖質制限アレンジ~無理なく取り入れるコツ~』」を開催しました

 平成26年10月18日(土)、本学シーボルト校シーボルト交流館にて「シーボルト・カフェ -生きるを育む-『卒業生(管理栄養士)による料理教室(第1回)糖質制限アレンジ~無理なく食卓に取り入れるコツ~』」を開催しました。

 はじめに、栄養健康学科 冨永美穂子准教授から今回の料理教室の趣旨、流れの説明があり、第1回講師の中尾尚美先生(長崎県立大学 栄養健康学科勤務 平成22年度卒)から献立のポイント・説明がありました。

     

 「糖質制限食」には血糖値が上がりにくくなる、中性脂肪が上がりにくくなる、減量効果があると言ったメリットがありつつ、極端な糖質制限を長期間続けた場合の安全性がまだ確立されていないこと、もともと食が細い人や、やせ型の人が行うとエネルギー不足になる可能性がある、と言ったデメリットの面も考慮して、大切なのはバランス良い食事を取ることだと説明されました。

 次に糖質制限をうまく取り入れる調理法を踏まえ実際に調理実習を行いました。実習には栄養健康学科の学生が調理台ごとに一人サポートに入りました。

     

 参加者からは「ご飯の量とカロリーが具体的に知ることができて良かったです。日常のご飯よりずっと塩分が薄めで参考になりました。」「あらかじめ下準備をしていただき早く調理することができ、とても感謝します。これからも健康に気を付けた料理を考えて作りたいと思います。」などの感想が聞かれました。

 シーボルト・カフェはこの後も開催を予定しており、今後詳細は公式HPに掲載していきます。皆様の参加をお待ちしています。

※「シーボルト・カフェ」とは、平成16年度に「現代的教育ニーズ取組支援プログラム」(文部科学省)に採択された「シーボルトキャラバン-生と性の主人公になろう-」の取組を拡充させたもので、人の心と身体を充実させる視点からの地域活性化を図るものです。