秋の公開講座(国際情報学部)を開催しました

 10月18日(土)、本学佐世保校・シーボルト校・新上五島町鯨賓館活動支援室を遠隔講義システムで結び、公開講座を開催しました。
 今回の講座は、国際情報学部情報メディア学科 河又貴洋准教授が「『学びと場』を考える~知・地を紡ぐ島での体験学習を通じて」と題し、講座を行いました。
 

河又 貴洋 准教授 講座の様子
     

 その中で河又先生は、本学の「地(知)の拠点整備事業(大学COC事業)」の取り組みを解説し、そこで得た体験を通じた「知」のあり方を考察しました。また、「学び」とは「出会い」である。「出会い」を求めて、人は人生の旅に出る(生涯学習)。と結論づけました。
 次回講座は、11月1日(土)14時から佐世保校を主会場、シーボルト校・新上五島町 鯨賓館活動支援室を遠隔会場として開催いたします。皆さまのご来場をお待ちしています。

主会場(シーボルト校)の様子 遠隔会場(佐世保校)の様子
     

<次回講座>
 11月1日(土)14:00~15:30
 「長崎経済の空模様~景気動向の特徴」
 大塚 芳宏(本学経済学部経済学科 講師)