「シーボルト・カフェ-生きるを育む-『夏休み からだとこころの科学塾2014 ~不思議・びっくり!からだの世界~』」を開催しました

 平成26年8月12日、本学シーボルト校東棟にて小学校4~6年生を対象に「シーボルト・カフェ -生きるを育む-『夏休み からだとこころの科学塾 2014 ~不思議・びっくり!からだの世界~』」を開催し、小学生36名の方が参加されました。

 3つのブースに分かれて、体の音、心臓の働き、からだの不思議(目の錯覚・触覚のひみつ)について学びました。聴診器を使いシミュレータ人形や実際に体の音を聞いたり、自分の脈を測ってみたり、ピンセットで指先と腕の感覚の違いや「片目で見たもの」と「両目で見たもの」の映像の違いを体験するなどの活動を行いました。
 参加した小学生からは、「脈を数えたり、血圧を測ったり、普段出来ないことが出来て楽しかった。」「場所によってさまざまな音がして不思議だった。」「今まで知らなかったことを知れてよかった。」などの感想が聞かれました。

     
     

 シーボルト・カフェはこの後も開催を予定しており、今後詳細は公式HPに掲載していきます。皆様の参加をお待ちしています。

※「シーボルト・カフェ」とは、平成16年度に「現代的教育ニーズ取組支援プログラム」(文部科学省)に採択された「シーボルトキャラバン-生と性の主人公になろう-」の取組を拡充させたもので、人の心と身体を充実させる視点からの地域活性化を図るものです。