ながさき地域資源活用機能性食品研究会「ゆうこう部会」が開催されました

 平成26年7月11日(金)本学シーボルト校で、栄養健康学科 永田客員教授を会長とする、ながさき地域資源活用機能性食品研究会の「ゆうこう部会」が開催されました。
 「ゆうこう」とは、長崎県で生産されている柑橘類で、本学でも「ゆうこう」の機能性に関する研究が行われています。
 当日は学内外から40名以上の「ゆうこう」の生産者や加工業者、研究者、行政等支援機関担当者の方にお集まりいただきました。会議では「ゆうこう」についてそれぞれの取組みが発表され、活発な意見交換が行われていました。
 これを機に、関係者同士の連携が強化され、今後「ゆうこう」の研究や取組みが発展することを期待しています。

【様々な取組みが紹介されました】 【会議終了後の名刺交換の様子】