第37回全国高等学校総合文化祭(2013長崎しおかぜ総文祭)文芸部門が本学で開催されました

平成25年7月31日(水)~ 8月4日(日)、本学シーボルト校において、第37回全国高等学校総合文化祭(2013長崎しおかぜ総文祭)文芸部門が開催されました。

全国から集う高校生が、文芸部誌・散文・詩・短歌・俳句の5つの部門に分かれて、それぞれの研究や交流を深めました。同時に、長崎の文学にゆかりの深い場所を巡る文学散歩や、記念講演会も開催され、長崎という場所で、文学の花を大きく開花させていました。

長崎しおかぜ総文祭 本学シーボルト校 長崎しおかぜ総文祭 文芸部門会場
 本学シーボルト校 文芸部門会場

 今後は、「2013長崎しおかぜ総文祭」に参加された高校生や関係者の方が、「長崎」という土地を理解し、文化を通じて多くの交流が進んでいくことを期待しています。

長崎しおかぜ総文祭 文芸部門展示の様子 長崎しおかぜ総文祭 メイン会場
文芸部門展示の様子 長崎しおかぜ総文祭 メイン会場
※長崎しおかぜ総文祭とは、全国で文化活動に取り組む高校生が長崎に集う、「高校生最大の文化の祭典」のことです。文化部版のインターハイとも言われており、全国から約2万人の高校生が来県し、県内の各地で展開される高校生トップレベルのステージ発表・作品展示・対局が行われました。