テレビ放送のお知らせ(「ぼくらのピースの種」)

NHK長崎放送のテレビ番組「ぼくらのピースの種」の取材が本学佐世保校内で行われました。
 経済学部生で異文化交流活動などを展開している学生グループ「PIEES(ピース)」の活動が取り上げられます。
 番組は、NHK総合にて平成26年6月22日(日)22:40~22:50放送予定です。是非ご覧ください。

 

撮影風景 座禅体験の様子
   

PIEES(ピース)は、The Program for Intercultural Education and English Studies(体験を通して英語と異文化を同時に学ぶ)の頭文字で、本学学生が教室で学んだ英語を、地域における実際のコミュニケーションの現場に発信・還元し、体験を通して得た知見を再度大学における英語学習分野にフィードバックするという「サービスラーニング」を展開しています。「実践力のあるグローバル人材の育成」を目的に経済学部地域政策学科山崎祐一教授が2005年に立ち上げたのが始まりです。日米友好親善や街の経済の活性化を目的とした産学連携の取組のほかに、佐世保市内のアメリカンスクールとタイアップし「そろばん」や「書道」などの異文化理解教育を支援、基地内大学と提携しメリーランド大学で日本語教育の支援、それらから学んだことを、地域の公立小中学校での外国語活動や英語教育の支援に役立たせたりなど、円循環式の学習活動に取り組んでいます。ハワイ大学短期大学部とも連携し、ハワイの大学や小学校を訪問するなど、単なる語学学習ではなく、日本文化の発信をしました。また、相互国際交流としてハワイから大学生が来学し、佐世保という地域での国際交流や平和学習など、お互いの「発信型コミュニケーション」能力を高める取組を展開しています。