長崎県立島原翔南高校1年生がシーボルト校を訪問しました

 7月10日(火)に『産業社会と人間』の授業の一環で、島原翔南高校1年生19名がシーボルト校を訪問しました。
 まず、大学の教育内容に応じた入学者受入方針(アドミッション・ポリシー)の説明、各学科概要や入試、就職支援について説明、質疑応答があり、大学とはどういったところなのか、理解を深めることができたようでした。
 また、島原翔南高校出身の在学生2名との質疑応答で、大学生活について、高校での進路決定までの道のりなどを聴くことができました。
 施設見学では、大学生が普段使用している施設を見て、「学生生活」をより身近に感じることができたようでした。
 参加した高校生からは、「大学生活について知ることができた。」「メディアスタジオのセットがすごいと思った。」「校舎がきれいだった。」などの感想が聞かれました。大学で実際に話を聞いて、施設を見学し、将来を見据えた進路選びを意識することができたのではないかと思います。

大学概要説明

就職状況説明

在学生との質疑応答

在学生との質疑応答

施設見学(メディア・スタジオ)

施設見学(母性・小児看護実習室)

施設見学(地域・老人看護実習室)