長崎県立清峰高校1年生が長崎県立大学を訪問しました

 6月19日(火)に長崎県立清峰高校1年生が『産業社会と人間』の授業の一環で、長崎県立大学を訪問しました。
 佐世保校、シーボルト校それぞれのキャンパスで入試概要説明、就職支援説明を聞き、高校と大学との違いなどを知ることができました。
 佐世保校で行われた清峰高校出身の在学生2名とのフリートーク、シーボルト校で行われた在学生4名との座談会では、先輩方を囲み、大学と高校の違い、高校のときにやっておくべきこと、サークル、アルバイトについてなど様々な質問が出ました。身近な存在である先輩たちの意見を聴き、高校生たちも実感が湧いたようでした。
 講義体験では、経済学部地域政策学科 山崎 祐一教授より『異文化間コミュニケーションのための英語学習~異文化理解ってなぜ大切なの?~』、看護栄養学部看護学科 吉田 恵理子准教授より『人生の最期のときを支える看護』の講義を体験しました。普段受けることのできない「大学」の講義。難しい話もありましたが、楽しそうに講義を受ける姿が印象的でした。
 また、施設見学、学食体験で大学生が普段生活している施設を見て、体験することで「学生生活」を体感することができました。
 参加した高校生からは「先輩と話ができて楽しかった。講義もおもしろかった。」「いつも学校でやらないような授業を受けることができてとても楽しかった」「大学の施設が充実していて驚いた」などの感想が聞かれました。大学で実際に講義を受けてみて、施設を見学し、大学の雰囲気を感じる貴重な経験となったようです。

大学紹介(佐世保校)

就職支援説明(佐世保校)

地域政策学科 山崎 祐一教授による講義『異文化間コミュニケーションのための英語学習~異文化理解ってなぜ大切なの?~』

地域政策学科 山崎 祐一教授による講義『異文化間コミュニケーションのための英語学習~異文化理解ってなぜ大切なの?~』

在学生とのフリートーク(佐世保校)

キャンパス見学(佐世保校)

大学概要説明(シーボルト校)

大学概要説明(シーボルト校)

就職状況説明(シーボルト校)

自分の進路について考えるきっかけになりました(シーボルト校)

メディア・スタジオを見学しました(シーボルト校)

クロマキーについての説明を受けています(シーボルト校)

LL教室を見学しました(シーボルト校)

母性・小児看護実習室を見学しました(シーボルト校)

赤ちゃんの人形に興味津々です(シーボルト校)

先輩に大学生活・高校時代の勉強などについてたくさんの話を聞くことができました(シーボルト校)

先輩に大学生活、高校時代の勉強などについてたくさんの話を聞くことができました(シーボルト校)

看護学科 吉田恵理子准教授による模擬講義を体験しました(シーボルト校)

「人生の最期のときを支える看護」について、様々なことを学ぶことができました(シーボルト校)

ペアワークも取り入れながら、楽しく、真剣に授業に取り組みました(シーボルト校)