第15回教育研究評議会議事録

長崎県立大学 平成27年度第15回教育研究評議会 議事録

日 時 平成28年3月1日(火)14:40~17:00
場 所 シーボルト校特別会議室
出席者 太田学長、古河副学長、平野副学長、伊藤副学長、石川経済学部長、上村国際情報学部長、大曲看護栄養学部長、西経済学研究科長、荻野国際情報学研究科長、田中人間健康科学研究科長、谷澤学生部長、松本シーボルト校学生部長、森田附属図書館長、柳田佐世保校附属図書館長、百岳事務局長、梶原シーボルト校事務局長
配布資料
【資料1】 平成28年度計画について
【資料2】 客員研究員の受入について
【資料3】 長崎県立大学と松浦市との包括連携に関する協定書(案)
【資料4】 時津警察署、相浦警察署との安全安心なまちづくりに関する協定締結について
【資料5】 学部学科再編に伴う規程の改正について
【資料6】 長崎県立大学大学院人間健康科学研究科学位審査細則の改正について
【資料7】 授業科目に関する基準について
【資料8】 教育研究費の配分について
【資料9】 平成28年度新上五島町との相互協力協定事業について
【資料10】 平成28年度以降の入学式・卒業式について
【資料11】 平成27年度卒業予定者内定取得状況
【資料12】 平成28年度からの本学各役職者について
議  事
【協議事項1.教員の退職について】
  資料なし。経済学部長より次のような説明があり、了承された。
 経済学部地域政策学科の教員1名から退職願が提出されている。退職希望年月日は平成28年3月31日である。
 
【協議事項2.学科長の選考について】
  資料なし。学長より次のような説明があり、了承された。
 現看護学科長及び現栄養健康学科長の任期満了に伴う次期学科長の選考について、看護学科長に久佐賀眞理教授、栄養健康学科長に古場一哲教授を選考したい旨説明がなされた。教育研究評議会での意見聴取が行われ、異議なく了承された。
 学科長の任期は、平成28~29年度の2年間である。
 
【協議事項3.センター長等の選考について】
  資料なし。学長より次のような説明があり、了承された。
 現センター長及び現研究所長の任期満了に伴う次期センター長及び次期研究所長の選考について、国際交流センター長に祁健民教授、地域連携センター長に森田均教授、教育開発センター長に橋本優花里教授、東アジア研究所長に山本裕教授を選考したい旨説明がなされた。教育研究評議会での意見聴取が行われ、異議なく了承された。
 センター長及び研究所長の任期は、平成28~29年度の2年間である。
 現副センター長及び現副研究所長の任期満了に伴う次期副センター長及び次期副研究所長の選考について、国際交流センター副センター長に矢野生子教授、地域連携センター副センター長に村上則夫教授、教育開発センター副センター長に金村公一准教授、東アジア研究所副研究所長に周国強准教授を選考したい旨説明がなされた。教育研究評議会での意見聴取が行われ、異議なく了承された。
 副センター長及び副研究所長の任期は、平成28~29年度の2年間である。
 
【協議事項4.経済学部及び国際情報学部の学部長及び学科長の選考について】
  資料なし。学長より次のような説明があり、了承された。
 経済学部の現学部長及び現学科長並びに国際情報学部の現学部長及び現学科長の任期満了に伴う次期学部長及び学科長の選考について、経済学部長及び経済学科長に綱辰幸教授、地域政策学科長に西岡誠治教授、流通・経営学科長に岩重聡美教授、国際情報学部長に村上雅通教授、国際交流学科長に荻野晃教授、情報メディア学科長に永野哲也教授を選考したい旨説明がなされた。
 荻野先生退席のもと、教育研究評議会での意見聴取が行われ、異議なく了承された。
 各学部長及び各学科長の任期は、平成28~29年度の2年間である。
 
【協議事項5.平成28年度年度計画(案)について】
  資料1に基づき、事務局より次のような説明があり、了承された。
 平成28年度年度計画(案)については、各部局より案が提出され、中期計画推進本部にて検討を進め策定したものである。平成28年度は88項目を実施していく。平成28年度が第二期中期計画の最終年度となる。予算の部分は現在空欄となっているが、経営協議会の審議及び理事会の議を経て予算額が確定次第記載し、3月末までに設置団体である長崎県へ提出する。
 本法人の経営戦略の柱である「教育の質保証によりたくましい人材の育成」、「魅力ある教育の実施による志願者の確保」、「地域貢献の充実・研究の高度化」、「効果的な大学運営」における各計画を中心に取組む。
 
【協議事項6.客員研究員の受入について】
  資料2に基づき、看護栄養学部長及び人間健康科学研究科長より次のような説明があり、了承された。
 平成28年度の客員教員受入について、看護栄養学部に5名、人間健康科学研究科に7名、合計12名から申請書が提出されているため受け入れたい。いずれも昨年度からの継続者であり、昨年度の成果は成果報告書のとおりである。
 
【協議事項7.松浦市との包括連携に関する協定の締結について】
  資料3に基づき、副学長より次のような説明があり、了承された。
 大学と市が相互の資源を活用した連携を推進することで、学術研究機能の向上、地域社会の発展及び人材の育成に寄与するため協定を締結するものである。
 
【協議事項8.時津、相浦警察署との安全・安心なまちづくりに関する協定締結について】
  資料4に基づき、副学長より次のような説明があり、了承された。
 大学と警察が協力して、学生の犯罪被害、薬物乱用、暴力被害、交通事故等を防止し、防犯活動及び交通安全の推進により安全安心なまちづくりに寄与するため協定を締結するものである。
 
【協議事項9.学部学科再編に伴う規程の改正について】
  資料5に基づき、事務局より説明があり、原案のとおり了承された。
 学部学科再編に伴う各種委員会規程の改正であり、委員構成の変更、経済学部及び国際情報学部の委員会設置の有無、経済学部及び国際情報学部の学部長及び学科長等の取扱い等について規定するものである。
 
【協議事項10.大学院人間健康科学研究科学位審査細則の改正について】
  資料6に基づき、人間健康科学研究科長より次のような説明があり、了承された。
 人間健康科学研究科学位審査細則第9条第1項第3号における原著論文の取扱いについて、3編以上を2編以上に改める。
 
【協議事項11.授業科目に関する基準について】
  資料7に基づき、事務局より次のような説明があり、了承された。
 授業科目に関して、原則として「再履修クラスは設定しない」、「履修者数が5名以下の科目は不開講」、「同一科目を複数クラスに分ける場合は、シラバス・定期試験問題等は統一する」といった基準を設ける。
 不開講とする場合には、事務取扱要領のとおり運用する。
 
【報告事項1.教育研究費の配分について】
  資料8に基づき報告された。
 平成28年度より、誓約書、長期研究計画及び実績報告が未提出の場合は、教育研究費(基礎配分と教員評価配分)を配分しない。
 
【報告事項2.平成28年度新上五島町との相互協定事業について】
  資料9に基づき報告された。
 
【報告事項3.平成28年度以降の入学式・卒業式について】
  資料10に基づき報告された。
 
【報告事項4.平成27年度卒業予定者内定取得状況について】
  資料11に基づき報告された。
 平成28年2月末時点での内定状況は、経済学部は91.1%で前年度同期と比較して0.4ポイント増である。国際情報学部は97.0%で1.5ポイント減、看護栄養学部98.0%で1.0ポイント減である。未内定者には引き続き支援を行っていく。
 
【その他】
  資料12に基づき説明がなされた。
 平成28年度の役職者が全て決まったので、各種委員会の委員選出を3月中にお願いしたい。