第9回教育研究評議会議事録

長崎県立大学 平成27年度第9回教育研究評議会 議事録

日 時 平成27年9月8日(火)14:40~15:25
場 所 シーボルト校特別会議室
出席者 太田学長、平野副学長、伊藤副学長、大曲看護栄養学部長、西経済学研究科長、松本シーボルト校学生部長、森田附属図書館長、百岳事務局長、梶原シーボルト校事務局長
配布資料
【資料1】 教員の採用について
【資料2】 新学部準備委員会設置要領
【資料3】 長崎県立大学研究倫理規程等の一部を改正する規程について
【資料4】 「長崎県公立大学法人の平成26事業年度に係る業務の実績に関する評価結果」及び「長崎県公立大学法人の第2期中期目標期間(平成23~26年度)に係る業務の実績に関する評価結果【途中評価】」について
【資料5】 平成27年度長崎県立大学教員評価結果(平成26年度実績)
【資料6】 2015県立大上海ゼミの実施について
議  事
【協議事項1.教員の退職について】
  資料なし。事務局より次のような説明があり、了承された。
 経済学部経済学科の教員1名から退職願が提出されている。退職希望年月日は平成27年9月30日である。
 
【協議事項2.教員の採用について】
  資料1に基づき、看護栄養学部長より次のような説明があり、了承された。
 看護栄養学部看護学科教員1名の採用(公募)についてである。採用予定年月日は平成27年10月1日、採用予定職位は講師、専門分野は基礎看護学系精神看護学領域、担当科目は精神看護学概論等である。
 
【協議事項3.新学部準備委員会設置要領の改正について】
  資料2に基づき、事務局より次のような説明があり、了承された。
 第1条について、平成27年6月末に文部科学省から設置届出書を受理されたことに伴い、学部名に仮称を付していたものを削除する。
 第3条について、新学部の入試に関する業務においては、学則上、学長は学部教授会の意見を聴くこととなっている。しかし、新学部では学部教授会に相当する組織がないため、学部準備委員会を学部教授会とみなすことを規定するものである。
 
【協議事項4.研究倫理規程等の改正について】
  資料3に基づき、事務局より次のような説明があり、了承された。
臨床研究に関する倫理指針及び疫学研究に関する倫理指針(平成14年文部科学省・厚生労働省告示第2号)を統合し、新たに「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針(平成26年文部科学省・厚生労働省告示第3号)」が制定されたことに伴い、本学における関係規程について所要の改正を行うものである。
 研究倫理規程では、判定の通知、研究終了の報告、介入を行う研究に関する登録、研究結果の公表、重篤な有害事象への対応、研究の継続に障害が生じるおそれのある事実に関する報告及び対応、試料及び情報等の保管、モニタリング及び監査、教育・研修といった内容について追加・修正を行うものである。
 一般研究倫理委員会規程では、委員会の任務、組織、遵守事項、審査方法、迅速審査、重篤な有害事象等にかかる意見、委員会審査資料の保管、教育・研修、委員会に関する公表といった内容について追加・修正を行うものである。
 ヒトゲノム・遺伝子解析研究倫理委員会規程では、委員会の任務、組織、遵守事項、迅速審査、審査結果の通知、重篤な有害事象等にかかる意見、記録の保存及び公開、教育・研修といった内容について追加・修正を行うものである。
 各委員会における研修については、研究機関から示されているe-ラーニングでの研修、学会等で行われる研修会の受講といった内容がガイドラインに記載されているが、他大学では学内に学外の専門家を呼んで研修を行っているケースがある。
 
【報告事項1.法人評価結果について】
  資料4に基づき報告された。
 平成26事業年度に係る業務の実績に関する評価結果及び第2期中期目標期間に係る業務の実績に関する評価結果については、前回の教育研究評議会での協議を経て、その後所定の手続きを行い、最終的な評価結果が確定したので報告する。この評価結果は大学HPで公表し、9月8日から開会される県議会にも報告がなされる。
 
【報告事項2.教員評価結果の公表について】
  資料5に基づき報告された。
 教員評価委員会より、教員評価の実施に関する基本方針に基づき、評価結果が提出された。結果については、大学HPで公表する。
 
【報告事項3.上海ゼミについて】
  資料6に基づき報告された。
 9月21日~25日の行程で、上海外国語大学との交流、企業視察、上海校友会との懇親などを行う。