第17回教育研究評議会議事録

長崎県立大学 平成26年度第17回教育研究評議会 議事録

日 時 平成27年3月24日(火)13:45~16:15
場 所 佐世保校特別会議室
出席者 太田学長、古河副学長、正木副学長、伊藤副学長、石川経済学部長、庄山国際情報学部長、大曲看護栄養学部長、西経済学研究科長、村上国際情報学研究科長、田中人間健康科学研究科長、谷澤学生部長、大塚シーボルト校学生部長、松本附属図書館長、百岳事務局長、梶原シーボルト校事務局長
配布資料
【資料1】 教員の採用について
【資料2】 客員研究員の受入について
【資料3】 教職課程認定申請について
【資料4】 学則の改正について
【資料5】 学位規程の改正について
【資料6】 国際交流センター規程の改正について
【資料7】 研究倫理規程等の改正について
【資料8】 COCプロジェクト推進本部規程の改正について
【資料9】 教員選考及び昇任に関する細則の改正について
【資料10】 佐世保市商工会議所との連携について
【資料11】 平成27年度一般入試(前期日程)入学手続状況
【資料12】 平成27年度一般入試(後期日程)合格状況
【資料13】 平成27年度年度計画について
【資料14】 大学評価(認証評価)の結果について
【資料15】 国際交流基金の設立について
議  事
【審議事項1.採用候補者の辞退について】
  資料なし。副学長より次のような説明があり、了承された。
 第11回教育研究評議会で審議した、経営学部国際経営学科の教員採用候補者1名より、一身上の都合により辞退したいとの申し出があった。
 
【審議事項2.教員の採用について】
  資料1に基づき副学長より次のような説明があり、了承された。
 平成28年度の学部学科再編に伴う、教員2名の採用についてである。
 1件目は、経営学部国際経営学科1名の採用についてである。採用予定年月日は平成27年10月1日、採用予定職位は教授、担当科目は比較経営論である。また平成27年度の一年間は流通・経営学科に所属する。
 2件目は、経営学部経営学科の教員1名の採用についてである。採用予定年月日は平成28年4月1日、採用予定職位は講師、担当科目は会社法である。
 
【審議事項3.客員研究員の受入について】
  資料2に基づき、次のような説明があり、了承された。
 平成27年度の客員教員受入について、看護栄養学部に4名、人間健康科学研究科に5名、経済学部に1名計10名から申請書が提出されているため受け入れたい。経済学部1名以外はいずれも昨年度からの継続者であり、昨年度の成果は成果報告書のとおりである。
 
【審議事項4.教職課程認定申請について】
  資料3に基づき、次のような説明があり、了承された。
 学部学科再編後の教職課程について、文科省による認定審査を受ける。スケジュールとしては、平成27年3月から申請が始まり、12月中旬の認定に向け進めていく。今回審議する内容は、各学科で認定を受けようとする教員免許状の種類とその科目、学則、履修規程等である。
 
【審議事項5.学則の改正について】
  資料4に基づき、次のような説明があり、了承された。
 学則の「再入学」、「入学前の既習得単位数の取り扱い」、「他の大学における授業目の履修等」、「除籍」等について、従前まで整理されていなかった内容について改めて整理を行った。
 
【審議事項6.学位規程の改正について】
  資料5に基づき、次のような説明があり、了承された。
 平成27年4月1日より施行される学校教育法の改正に伴い、本学の学位規程を改正する。
 
【審議事項7.国際交流センター規程の改正について】
  資料6、15に基づき、次のような説明があり、了承された。
報告事項5と併せた内容となる。平成26年度の年度計画に基づき、長崎県立大学国際交流基金を設立する。これを本学への寄付金の一つとして管理し、これに伴い国際交流センター規程を改正する。
 
【審議事項8.研究倫理規程等の改正について】
  資料7に基づき、次のような説明があり、了承された。
 研究倫理規定の「趣旨」部分を一部改正する。また「審査」について、該当する事項の審査については、迅速審査を取り入れることとした。
 
【審議事項9.COCプロジェクト推進本部規程の改正について】
  資料8に基づき、次のような説明があり、了承された。
 組織について、委員の構成を一部変更し、学長が指名することとした。
 
【審議事項10.教員選考及び昇任に関する細則の改正について】
  資料9に基づき、次のような説明があり、了承された。
 教員の選考に関する審査手続きにおいて、大学院の科目を担当させる場合には、教員資格審査を依頼することについて追加した。
 
【審議事項11.佐世保市商工会議所との連携について】
  資料10に基づき、次のような説明があり、了承された。
 学部学科再編の特色として実践的な学びを実施することとしており、地元企業にも協力を依頼することになる。そこで、佐世保市商工会議所と連携協定書を締結し、企業と大学間で助言や調整を依頼したい。
 
【報告事項1.平成27年度一般入試(前期日程)の入学手続き状況】
  資料11に基づき報告された。
 一般入試前期日程の入学手続状況についてであるが、経済学部が合格者272名のうち手続者数188名、国際情報学部が合格者数90名のうち手続者数73名、看護栄養学部が合格者数64名のうち手続者数56名、大学全体としては合格者数426名のうち手続者数317名となっている。
 
【報告事項2.平成27年一般入試(後期日程)合格状況】
  資料12に基づき報告された。
 一般入試後期日程の合格状況についてであるが、経済学部は募集人員87名に対し184名、国際情報学部は募集人員14名に対し24名、看護栄養学部は募集人員12名に対し26名、大学全体としては募集人員113名に対し234名の合格者を出している。
 
【報告事項3.平成27年度年度計画について】
  資料13に基づき報告された。
 平成27年度年度計画について、前回の評議会後に修正したものについて報告する。
 
【報告事項4.大学評価(認定評価)の結果について】
  資料14に基づき報告された。
 認証評価の結果について資料のとおり示された。評価の結果、大学基準に適合していると認定されたが、努力課題4件、改善勧告1件については、平成30年7月までに改善報告書を提出することになっている。
 
【報告事項5.国際交流基金の設立について】
  資料15に基づき報告された。
 内容については審議事項7にて説明されたとおり。