第11回教育研究評議会議事録

長崎県立大学 平成26年度第11回教育研究評議会 議事録

日 時 平成26年10月21日(火)13:00~16:00
場 所 シーボルト校特別会議室
出席者 太田学長、古河副学長、伊藤副学長、石川経済学部長、庄山国際情報学部長、村上国際情報学研究科長、田中人間健康科学研究科長、谷澤学生部長、大塚シーボルト校学生部長、松本附属図書館長、柳田佐世保校附属図書館長、百岳事務局長、梶原シーボルト校事務局長
配布資料
【資料1】 教員の採用について
【資料2】 学部学科再編にかかる文部科学省への事前相談について
【資料3】 国際情報学部履修規程の一部改正について
【資料4】 教員評価結果の公表について
議  事
【審議事項1.教員の退職について】
  資料なし。次のような説明があり、了承された。
  国際情報学部情報メディア学科の教員1名、看護栄養学部看護学科の教員1名からそれぞれ退職願が提出されている。2名とも退職希望年月日は平成27年3月31日である。
 
【審議事項2.教員の採用について】
  資料1に基づき次のような説明があり、了承された。
  平成28年度の学部学科再編に伴い、新たに採用する教員については、公募によらない採用を行うこととし、選考にあたっては、副学長を中心に各候補者と面談を行った。採用予定年月日は、平成28年4月1日採用者 15名、平成27年4月1日採用者3名、平成27年10月1日採用者1名、平成28年2月1日採用者1名の計20名である。
  まず、経営学部経営学科4名の採用についてである。担当科目および職位は、「地域と企業(准教授)」、「企業文化論(准教授)」、「人的資源管理論(教授)」、「経営システム論(講師)」である。
  次に、経営学部国際経営学科3名の採用についてである。担当科目および職位は、「国際経営論(准教授)」、「国際金融論(教授)」、「比較経営論(講師)」である。
  続いて、地域創造学部実践経済学科4名の採用についてである。担当科目および職位は、「財政学(教授)」、「社会政策論(教授)」、「交通経済論(講師)」、「環境経済論(講師)」である。また、「財政学」および「社会政策論」の教員は、平成27年4月1日採用となる。
  続いて、国際社会学部国際社会学科1名の採用についてである。担当科目および職位は、「マスコミュニケーション論(教授)」である。
  続いて、情報システム学部情報システム学科2名の採用についてである。担当科目および職位は、「Webプログラミング(教授)」、「CGアニメーション(教授)」である。
  最後に情報システム学部情報セキュリティ学科6名の採用についてである。担当科目および職位は、「暗号技術(教授)」、「ネットワークセキュリティ(教授)」、「情報セキュリティマネジメント(教授)」、「セキュアプログラミング技法(教授)」、「認証とアクセス制御(准教授)」、「サーバ・Web構築(准教授)」である。また、「セキュアプログラミング技法」の教員は平成27年4月1日、「暗号技術」の教員は平成27年10月1日、「認証とアクセス制御」の教員は平成28年2月1日の採用となる。
 
【審議事項3.学部学科再編にかかる文部科学省への事前相談について】
  資料2に基づき次のような説明があり、了承された。
  平成28年4月1日に新設する学部学科について、今週末に文部科学省へ事前相談を行う。資料の主な内容は、設置計画の概要、教育課程等の概要、授業科目の概要等である。この内容については、学部学科再編検討ワーキンググループで検討し、同プロジェクトチーム会議で決定されたもの。認可又は届出いずれになるかも含めて12月中旬に文科省より回答がある。届出の場合は、平成27年4月に申請を行う予定である。
 
【審議事項4.国際情報学部履修規程の一部改正について】
  資料3に基づき次のような説明があり、了承された。
  長崎県立大学国際情報学部履修規程について、別表第2の全学教育科目について追記するものとする。平成27年4月1日から施行する。
 
【報告事項1.教員評価結果の公表について】
  資料4に基づき報告された。
  教員評価委員会より、教員評価の実施に関する基本方針に基づき、評価結果が提出された。結果については、ライブキャンパス及び大学HPで公表する。