長崎県立大学の沿革

明治35年4月1日 長崎県立高等女学校の設立
昭和22年4月1日 長崎県立女子専門学校となる
昭和25年4月1日 長崎県立女子短期大学となる
昭和26年4月1日 長崎県立佐世保商科短期大学開学
昭和32年4月1日 長崎県立短期大学の設立
長崎県立女子短期大学と県立佐世保商科短期大学が統合し、

県立短期大学長崎女子部及び佐世保商英部となる

昭和42年4月1日 長崎県立短期大学佐世保商英部が長崎県立国際経済大学に昇格
昭和44年4月1日 長崎県立短期大学長崎女子部が長崎県立女子短期大学に改称
平成3年4月1日 長崎県立国際経済大学を長崎県立大学に改称
平成5年4月1日 長崎県立大学大学院経済学研究科(修士課程)開設
平成11年4月1日 県立長崎シーボルト大学開学(長崎県立女子短期大学の伝統を継承)
平成15年4月1日 県立長崎シーボルト大学大学院人間健康科学研究科(修士課程)開設
平成17年4月1日 長崎県公立大学法人長崎県立大学へ移行
長崎県公立大学法人県立長崎シーボルト大学へ移行
県立長崎シーボルト大学大学院人間健康科学研究科栄養科学専攻(博士後期課程)開設
平成20年4月1日 新「長崎県立大学」の設立
長崎県立大学と県立長崎シーボルト大学が統合
長崎県立大学大学院国際情報学研究科(修士課程)開設
平成28年4月1日 経営学部、地域創造学部、国際社会学部、情報システム学部開設