教育課程の概要(看護学専攻 修士課程)

看護学専攻修士課程の考え方及び特色

 看護学専攻は、看護の領域における教育者・指導者を育成することを目的とし、国民の保健・医療・福祉の向上に寄与するために設置された。医療の高度情報化やチーム医療が進展する中で、高度な看護知識や看護技術を習得することは勿論重要なことであるが、それらとともに情報処理能力やリスクマネジメント能力を有する看護職の育成が急務となっている。また、少子高齢社会への対応を含め、保健医療の分野におけるリーダーシップのとれる看護職者をひとりでも多く育成することは、地域医療、広くは国民の健康増進に貢献するものである。
 島嶼部の多い長崎県にあっては、単に看護サービスを高度化された医療機関の中で行う高度専門職にとどまらず、地域に密着したコミュニティにおける予防活動や、過疎地にあっては、健康管理が十分に行えるためのアイデアを常に工夫し創造していける高度専門職の育成を目指している。
 看護学専攻の特長のひとつは、4年制大学の卒業生のみを対象とせず、社会での経験を積んだ人達の中から大学卒業者と同等の能力のある看護職者にも道を開き、勤務を続けながら履修できるように開講時間やカリキュラム編成等に配慮している点である。将来は博士課程を設置し、本格的な教育研究者の育成も計画している。

このページの先頭へ

授業の概要とねらい

 看護学専攻は、「看護学実践分野科目」、「公衆衛生看護学分野科目」とこれらに共通する「看護学共通科目」を設けている。
 「看護学実践分野科目」では、看護学を広く深く学修する「看護学実践特論」「看護学実践演習」と自らの志向に応じ、看護の専門分野において学修を深め修士論文を作成する「看護学実践特別研究」を設けている。これらの学修において、より高度な看護実践能力の育成を図るとともに、現場の指導者となる管理能力を備えた高度専門職の育成を行う。
 「公衆衛生看護学分野科目」では、保健師国家試験受験資格に必要となる必須科目に加え、実践的研究能力を学修する専門科目と高度な実践能力を養う実習科目を設け、幅広い知見を得て複雑多様化した健康課題に対応できる自律した高度な実践能力と、地域全体の公衆衛生の向上と新たな地域開発に貢献できる実践的研究能力を備えた公衆衛生看護の専門職の育成を行う。
 「看護学共通科目」では、看護研究の基盤となる「看護研究の理論と方法」「保健統計演習」、理論的検討を行う「看護理論」、看護に求められる「ヘルスアセスメント」、変化する保健・医療・福祉政策の中での保健・医療行政を検討する「保健・医療政策論」「医療経済・地域経済特論」「行政・組織特論」、対人関係能力の育成科目として「メンタルヘルス」、健康課題をグローバルな視点で考える「グローバルヘルス」、現在最も重要な医療課題の「生活習慣病予防論」の10科目を設けている。
 このようなカリキュラム構成のもと、看護管理能力・健康管理能力・指導能力の向上に重点を置き、各専門分野において次代の看護の変化に対応できるマネジメント能力の高い専門職の育成を行う。

このページの先頭へ

履修及び研究指導方法

<授業科目一覧参照>

 本研究科看護学専攻に入学した学生は、「看護学実践分野」もしくは「公衆衛生看護学分野」のどちらかに所属する。授業科目の履修及び研究の実施にあたっては、学生の志望する専門に応じて、一貫した指導を受けられるよう入学初期に指導教員を定める。教員は学生が各分野の専門性を学び、実践能力や研究能力を身につけられるように指導する。

このページの先頭へ

修業年限と授業の実施

  1. 修了要件
     「看護学実践分野」の修了要件は、2年以上在学し、看護学専攻の「授業科目一覧」に示すように、看護学共通科目の必修8単位、看護学実践分野科目18単位(特論2単位、演習6単位、特別研究10単位)の合計26単位、選択科目としてその他の看護学専攻科目の特論、看護学共通科目、栄養科学専攻の科目の中から4単位以上の合計30単位以上を修得し、修士論文の審査に合格することとする。ただし、栄養科学専攻の科目の履修にあたっては、事前に科目担当教員の了解を得たうえで履修登録を行うものとする。
     「公衆衛生看護学分野」で保健師免許の取得を希望する学生の修了要件は、看護学共通科目より必修科目及び「保健統計演習」「医療経済・地域経済特論」「行政・組織特論」を含み13単位以上、公衆衛生看護学分野科目の45単位、合計58単位以上を修得し、修士論文の審査に合格することとする。
     「公衆衛生看護学分野」で保健師免許の取得を希望しない学生の修了要件は、看護学共通科目より必修科目を含み10単位以上、公衆衛生看護学分野科目専門科目Ⅰより「公衆衛生看護学原論Ⅱ」「ケアシステムマネジメント論」「公衆衛生看護管理論」を含み4単位以上、公衆衛生看護学分野科目専門科目Ⅱより「公衆衛生看護学セミナーⅡ」「公衆衛生看護学発展実習Ⅰ」「公衆衛生看護学発展実習Ⅱ」「実践研究」を含み16単位以上、合計30単位以上を修得し、修士論文の審査に合格することとする。
  2. 修業年限
     修業年限は2年とし、2年間で修士課程を修了するために必要な単位をすべて修得できるようカリキュラムを設定している。ただし、本学が定めたタイムスケジュールに沿って対応できない場合は2年間での修了は困難である。
     看護学実践分野では、社会人に配慮した夜間開講を中心に時間割を作成しているが、公衆衛生看護学分野は昼間開講が原則である。
  3. 長期履修学生制度
     この制度は、職業を有している等の事情で、教育課程を、本学の定める標準修業年限内(2年間)に修了できない人のために用意された制度で、この制度を利用すれば、標準修業年限を超えて一定の期間にわたり、教育課程を計画的に修了することが可能となる。
    ※長期履修学生制度の適用を希望する人は、長期履修学生制度(大学院)を参照してください。
  4. 授業の実施
     授業は昼間帯、夜間帯及び土・日曜日に開講する。また、休日、長期休業中にも授業や学外での演習を設定する場合がある。