シーボルト・カフェ「ひとりじゃないよ -院内学級の教師として学んだこと-」を開催します(9月29日)

 入院、治療のために、学校に通うことが出来ない子どもたちの為に設けられた院内学級「さいかち学級」を担当する昭和大学大学院保健医療学研究科 副島賢和氏をお招きしお話をうかがいます。
 副島先生は、入院中の子供たちの学びについて、それまでに見過ごされていた観点から当事者の気持ちに寄り添った素晴らしい取り組みをされてきました。その取り組みはテレビドラマ「赤鼻のセンセイ」のモチーフとなり、NHKプロフェッショナル仕事の流儀「涙も笑いも、力になる」でも紹介され、多くの人の共感を呼びました。また、「あかはなそえじ先生の ひとりじゃないよ: ぼくが院内学級の教師として学んだこと」の著者でもあり、ホスピタルクラウンとしても活動されています。
 みなさんのご参加をお待ちしています。

 

日   時: 平成30年9月29日(土) 13:30~15:00(受付 13:00~)
場   所: 長崎県立大学 シーボルト校 大講義室
講   師: 副島賢和氏 (昭和大学大学院保健医療学研究科・准教授、さいかち学級担当)
参 加 費: 無料
対 象 者: 一般・教育関係者・医療関係者・学生
申 込 方 法: メール又は下記申込フォームにてお申し込みください。
 
  携帯電話、パソコンからの申込はこちらのフォームから

 

【お問い合わせ先】
 長崎県立大学
 シーボルト校総務企画課企画グループ
 〒851-2195
 長崎県西彼杵郡長与町まなび野1-1-1
 TEL:095-813-5500
 FAX:095-813-5220
 E-mail:

 



2018年9月25日(更新日)