第12回日韓国際合同看護カンファレンスを開催します(9月29日)

日  時 : 2017年9月29日(金)13:00~17:10(受付:12:30~)
場  所 : 長崎県立大学シーボルト校 (本部棟2階 大講義室)
対 象 者  : 看護職の方、看護教育に関わる方等
参 加 費  : 無料
使用言語 : 全編英語での講演になります(日本語の抄録あり)
内  容 : Prospects and Challenges: Community Health Nursing
地域看護の展望と挑戦

 

12:00~ Registration
受付
13:00~13:15 Welcome Speech
Kazunari Tanaka, PhD (Dean, Faculty of Nursing and Nutrition, University of Nagasaki)
開会挨拶
長崎県立大学看護栄養学部 学部長 田中 一成教授
13:20~14:00 Keynote Speech 1
『 Future Directions; Frailty in People with COPD 』
Dr. Sookyung park RN, PhD. (College of Nursing, Korea University / Korea)
基調講演1
「未来の方向性:慢性閉塞性肺疾患を患う人におけるフレイル」
高麗大学校看護大学教授 スキョン・パク准教授
14:00~14:40 Research Presentation 1
「 Support for Home-Care of Medically dependent Infants by Public Health Nurses 」
Naho Goto, PHN, MSN (Assistant lecturer, School of Nursing, Faculty of Medicine, Oita University / Japan)
研究発表1
「 保健師による医療依存度の高い乳児の在宅療養に向けた支援 」
大分大学医学部 後藤 奈穂助教
14:40~15:40 Poster Session/Break
ポスター発表/休憩
15:40~16:20 Keynote Speech 2
「 The Holistic Health Status of the Peoples in the Greater Mekong Subregion Communities 」
Manyat Ruchiwit, PhD, RN (Dean, Faculty of Nursing, Thammasat University/Thailand
基調講演2
「 メコン川を中心とする地域コミュニティの人々の全人的健康状態 」
タマサート大学看護学部長 マンヤット・ルチウイット教授
16:20~17:00 Research presentation 2
『 History and Future of Public Health Nurse Activities in Japan ~Practice, Education, Research~』
Kayoko Hirano PhD, PHN (Vice President, Department of Nursing Science, University of Nagasaki/Japan)
研究発表2
『 日本の保健師活動の“これまで”と“これから”~実践、教育、研究~ 』
長崎県立大学副学長 平野 かよ子教授
17:00~17:10 Closing words
Mari Kusaga, RN, PhD (Director, Faculty of Nursing and Nutrition, University of Nagasaki)
閉会挨拶
長崎県立大学看護栄養学部看護学科 学科長 久佐賀 眞理教授

 

2017年9月12日(更新日)