公開授業を開催します 「平戸・西海学というパースペクティブ」

下記の日程で公開授業を実施します。ふるってご参加ください。

 平成28年度 長崎県立大学公開授業 -特殊講義「長崎県北の歴史と文化-西海学Ⅰ」<第15回 まとめ>

 
平戸・西海学というパースペクティブ

日  時 7月22日(金)13:00~15:30
場  所 長崎県立大学佐世保校附属図書館 多目的ホール
対 象 者 学生・一般
受 講 料 無料
参加申込 当日受付
次  第 ①開会挨拶
②パネルディスカッション
 ■テーマ「地域研究と私」
 ◇趣旨説明:コーディネーター・吉居秀樹(長崎県立大学地域政策学科教授)
 ◇科目「長崎県北の歴史と文化‐西海学Ⅰの持つ意味」

概要
 本講義ではこれまで、本学が設置されている「長崎県」をテーマに「西海」という海上を舞台とした視点から、長崎県北の歴史や文化、文化交流、文化遺産についてこれらに造詣の深い本地域在住の研究者の方々を毎回お招きし、理解を深めてきました。最終回では、これらの研究者の方々が一同に会し、長崎県北の歴史と文化について、パネルディスカッション形式で総括を行います。

パネラー
・萩原博文(元:平戸市教育委員会文化遺産課 課長)
・久村貞男(元:佐世保市教育委員会 理事)
・木田昌宏(公益財団法人松浦史料博物館 顧問)
・塚原博 (元:小値賀町教育委員会 学芸員)
・中田敦之(松浦市教委文化財課課長)
・中園成生(平戸市生月町博物館島の館 参事)
・岡山芳治(公益財団法人松浦史料博物館 館長)
・久家孝史(公益財団法人松浦史料博物館 学芸員)
・中野雄二(波佐見町教育委員会 学芸員)

主  催 長崎県立大学経済学部地域政策学科
2016年7月21日(更新日)