Interop Tokyo 2016で松田准教授が講演します(6月9日)

Interop Tokyoは、ICTに携わる技術者や企業のリーダーが集い、インターネットやクラウドなどのテーマで、製品展示や講演、ワークショップなどを行う、ネットワークコンピューティングに特化したテクノロジーとビジネスのリーディングイベントです。
平成28年6月8日(水)~10日(金)に幕張メッセで開催されるInterop Tokyo 2016において、情報システム学部情報セキュリティ学科の松田 健准教授が講演を行いますので、お知らせします。

 【日時】
          平成28年6月9日(木)16:10~16:50
 【場所】
          幕張メッセ(千葉市)
 【講演者】
          松田 健(情報セキュリティ学科 准教授)
 【講演タイトル】
          SECCON 2016 キックオフキーノート
「人工知能の敵(仮)」~人工知能は完全なるセキュリティの夢を見るか
人工知能への攻撃の可能性を検討する~
 【講演概要】
          SECCONはCTFを始めとするセキュリティの技術コンテストを開催していますが、老舗の世界大会では人工知能vs人工知能のような戦いも展開されるようになってきています。いささか万能感のある人工知能に果たして弱点は皆無なのか、人間の仕事を奪うのか?とまで言われている人工知能を攻撃するとしたらどういう攻撃なのか。この時間はそういう話題を軸に、人工知能、機械学習とセキュリティについて考えてみたいと思います。

※詳細は以下のホームページをご参照ください。
 【Interop Tokyo 2016】
 http://interop.jp/top.html
 【講演概要】
 https://reg.f2ff.jp/public/session/view/4048

2016年5月31日(更新日)