平成27年度 長崎県立大学地域志向教育研究経費

Ⅰ 地域志向教育研究経費の目的と領域

1.目的

地域志向教育研究経費は、平成25年度文部科学省「地(知)の拠点整備事業」に採択された「長崎のしまに学ぶ -つながる とき・ひと・もの-」(以下「事業」という。)を推進するにあたり、研究の成果を通じて地域に新たな活力を与え、地(知)の拠点として地域に貢献することを目的とする。

2.研究課題の領域

  「長崎のしまに学ぶ」ための教育の推進に関する研究
    教材の開発に関する研究
    eラーニングに関する研究
    教育効果の検証に関する研究 など
  地域課題の解決に資する研究
    「人材育成」に関する研究
●住民協働で地域を支える人材育成 など
    「健康増進」に関する研究
●地域での健康増進の取り組み など
    「産業振興」に関する研究
●地域資源を活用した食品開発
●物流・流通の効率化 など
    「伝統文化の継承」に関する研究
●地域の伝統文化の継承とその活用 など
  その他事業を推進する上で学長が必要と認める研究
     

Ⅱ 平成27年度の申請・採択状況

1.申請と採択の状況

申請件数 申請額
8件 8,895千円

 

採択件数 採択額
7件 3,726千円

2.採択研究課題一覧

領域 研究代表者 研究テーマ
教材の開発 共同 地域連携センター 中島 洋 「しまなび」プログラムにおけるコーディネーター(地域住民)を活用した学びの仕組みの開発
個人 国際情報 吉村 元秀 ICTを利用した長崎県観光情報の空間的可視化
教育効果の検証 個人 国際情報 関谷 融 COC先進事例における、フィールドワーク活動不適合者への対応措置について
個人 国際情報 河又 貴洋 学びの「わ」<和・輪・環・話>づくりプロジェクト~対馬・上五島町での体験学習を通じて~
人材育成 共同 国際情報 山田 健太郎 長崎市の観光振興とアクティブラーニング型外国語教育
健康増進 共同 看護栄養 吉澤 和子 離島住民の食行動に影響を及ぼす要因に関する研究
産業振興 共同 経済 山本 裕 長崎県(離島を含む)と中国・韓国を結ぶネットワークの構築に関する研究(2カ年)

 

3.報告書

   平成27年度地域志向教育研究経費報告書