平成25年度 長崎県立大学地域志向教育研究経費

Ⅰ 地域志向教育研究経費の目的と領域

1.目的

地域志向教育研究経費は、平成25年度文部科学省「地(知)の拠点整備事業」に採択された「長崎のしまに学ぶ -つながる とき・ひと・もの-」(以下「事業」という。)を推進するにあたり、研究の成果を通じて地域に新たな活力を与え、地(知)の拠点として地域に貢献することを目的とする。

2.研究課題の領域

  「長崎のしまに学ぶ」ための教育の推進に関する研究
    教材の開発に関する研究
    eラーニングに関する研究
    教育効果の検証に関する研究 など
  地域課題の解決に資する研究
    「人材育成」に関する研究
●住民協働で地域を支える人材育成 など
    「健康増進」に関する研究
●地域での健康増進の取り組み など
    「産業振興」に関する研究
●地域資源を活用した食品開発
●物流・流通の効率化 など
    「伝統文化の継承」に関する研究
●地域の伝統文化の継承とその活用 など
  その他事業を推進する上で学長が必要と認める研究
     

Ⅱ 平成25年度の申請・採択状況

1.申請と採択の状況

申請件数 申請額
4件 1,102千円
採択件数 採択額
3件 775千円

2.採択研究課題一覧

研究領域 代表者 研究課題
所属 氏名
地域課題の解決に資する研究 共同 看護栄養 田中 一成 対馬特産緑豆「マサラ」を用いた機能性食品開発の基礎研究
その他事業を推進する上で学長が必要と認める研究 個人 経済 山崎 祐一 地域における異文化共生の礎を築くための地域貢献と経験的英語教育アプローチに関する研究
地域課題の解決に資する研究 個人 看護栄養 中尾 八重子 しまの地域特性と行政保健師の地域診断

3.報告書

   平成25年度地域志向教育研究経費報告書